Ploutos

小額投資でお金を増やしていくリアルタイムマネー作戦

激しい株の下落と為替の動きに注意しつつも現状維持【デスペラード作戦:12日目】

デスペラード作戦:12日目(2016年1月9日発令)

f:id:wabisukenouta:20150922100120j:plain

資産状況

【新規購入】

・なし


【保有株式】

・GE:50株

・サコムバンク(ベトナム株)570株

 

【現金】

・27万2000円

 

【資産合計】

・50万円(損益は月末に報告)

 

【戦況】

 現状維持。動かざること山の如し状態が続いている。

 

 今は無理に動く必要はない。今月はまだまだ予断を許さない状態が続いている。

 

 昨日、1ドル116円を切って115円台に入った。そこから夜にかけて持ち直している状態である。

 

 ドル円の一つの節目が1ドル116.14円とされている。

 

 先週は1ドル116.51円まで下落をしたが、節目を割ることなく117円まで円安になっている。

 

 しかし今週はその節目を一旦割った状態になったが、これがずるずる下がる傾向ならば大きくトレンドが変わると予想される。

 

 今週はとくに注目しておかなければならない週になるかもしれない。ここで状況を確認後、動けそうなら動きたいが、くれぐれも無理は禁物である。

 

 株やFXをやっていて、相場を見ている人にはわかると思うが、ガツンとハンマーで打たれるような、あの恐ろしい下落を感じられないのではと思う。

 

「ぎゃーーー!」

 

 というような、経済が崩壊するんじゃないか、という感覚にならない。大きくは下げているが、「最後の一撃」感がないから、なかなか手が出せない。

 

 実際わたくしも、

 

「もうこの辺が底だろ」

 

 と思って、買い出動の準備をしていても、下がる下がる。そうなると、「まだまだアク抜けではない?」となり、様子見となる。

 

 年明け一カ月以内でここまで激しくなるとはだれも思ってもいなかったはずである。

 

 年明け早々、市場が大きく下落したときにGEを50株ほど購入したが、およそ100ドルほどの損失が出ているが、これは良い方である。

 

 もし銘柄選びを間違えていたら初期の作戦から後退を余儀なくされていただろう。

 

 今はキャッシュポジションを維持しておくのが懸命である。

スポンサーリンク