Ploutos

小額投資でお金を増やしていくリアルタイムマネー作戦

1月の乱高下を引き継ぐように2月も激しい市場【デスペラード作戦:29日目】

デスペラード作戦:29日目(2016年1月9日発令)

f:id:wabisukenouta:20160206074115j:plain

資産状況

【新規購入】

  • なし


【保有株式】

  • GE:50株
  • ディズニー:10株
  • サコムバンク(ベトナム株)570株

 

【現金】

  • 15万9000円

 

【資産合計】

(開始50万円。損益は月末に報告)

  • 47万5200円(1月末時点)

 

【戦況】

 2月に入っても市場に落ち着きはない。

 先月末に日銀がマイナス金利を導入した報道を受けて、1ドル118円前後をあった為替が一気に121円台まで上昇した。つられて日経も800円超の上下幅で株価が反応した。

 しかし、2月に入り、ドル円は元の1ドル116円にまで戻ってしまいマイナス金利導入前と変わらずになってしまった。

 別サイトでマイナス金利の簡単な説明をしましたが、マイナス金利といっても、これは日銀と民間の金融機関の話であってわれわれの貯金がマイナスになるということではない(現段階)。

 さらに金融機関が日銀に預けている当座預金すべてにマイナス金利が適用されるわけではなく、0.1、0、マイナス0.1と3段階にわけての適用であり、マイナス金利になる部分は極めて小さい。

wabisuke.hatenablog.jp

 

 世界市場の動向は中国経済と、アメリカの利上げに影響を受けるので、今回の日銀のマイナス金利に対しての反応は一瞬だけだった。

 

 2月6日のニューヨークの終値は200ドル以上の下落で終了。

 1月の雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数が予想に届かなかったことでドルが売られたが、失業率が4.9%と、およそ8年ぶりの低水準。さらにはFRBのイエレン議長が気にしている賃金の伸びが予想以上であったことなどから、後退していた年内利上げが再熱し、ドルが買い戻された。

 

 わたくしの保有アメリカ株のGEとディズニーは買値よりマイナスで推移しているが、目立った下落ではない。

 それよりも、これまで相場を牽引してきたAmazonやNetFlix、リンクトインの下落がとまりません。

 

【Amazon】

f:id:wabisukenouta:20160206082158p:plain

 

【Netflix】

f:id:wabisukenouta:20160206082220p:plain

 

【LinkedIn】

リンクトインの大幅な下落は決算による影響が大きく表れました。

f:id:wabisukenouta:20160206082236p:plain

 2016年の銘柄選びは、何十年も続く企業の、流行り廃りのない製造業やサービス業を選んで正解かもしれません。

 Amazonがさらに下落するなら検討の余地はありそう。

スポンサーリンク