Ploutos

小額投資でお金を増やしていくリアルタイムマネー作戦

ドル円は110台をタッチ。世界的に株価下落。戦況に好転なし。ただ耐えるのみ【デスペラード作戦:37日目】

デスペラード作戦:37日目(2016年1月9日発令)

f:id:wabisukenouta:20160213152823j:plain

資産状況

【新規購入】

  • なし


【保有株式】

  • GE:50株
  • ディズニー:10株
  • サコムバンク(ベトナム株)570株
銘柄ベース購入額現在値
GE(GE) ドル 30.6 28.26
ディズニー(DIS) ドル 95.5 91.15
サコムバンク(ベトナム株) 50,000 33,000

 

【現金】

  • 15万9000円

 

【資産合計】

(開始50万円。損益は月末に報告)

  • 47万5200円(1月末時点)

 

【借入(IPO資金として利用)】

  • 50万(利息あり)

 

戦況

 2月相場もまさに雨霰の世界市場。

 2016年から始まった市場の乱高下。巷では中国経済の不鮮明と原油安の影響。アメリカの利上げもあり、円高ドル安の流れになったといわれている。

 日銀のマイナス金利がさらに悪影響を与えたと言われているが、はたして根源は。

 旧正月で中国市場が休みで一度小休止があるのではと思われたが、その間にドル円は円が買われた。

 

 マイナス金利発表で一時は121円まで売られた円が、あれよあれよと元通り。黒田さんが意識している「トヨタライン」といわれる115円もするりと超えて、110円台にタッチ。ここを超えるかと思われた矢先、日銀と政府の覆面介入かとウワサが流れ不可解な相場に。現在は113円台となっている。

 

 わたくしの戦力であるGE株、ディズニー株は耐える状態が続いている。ただ両銘柄とも今後についてはそれほど心配していない。

 GEについては事業再編で売却した利益を2016年から株主に還元するとしている。その額は260億ドルともいわれている。

 ディズニーについては稼ぎ頭のケーブルチャンネルのESPNの契約数減少が懸念されているが、第1四半期決算ではスター・ウォーズ効果もありいい結果が出た。

 

 現在はどの銘柄を選んでも株価下落に見舞われている。GE、ディズニーの買い増しも考えていたが、残り資金でFXも考えていた。

 114円まで円が売られればショートポジションと考えていた。が、しかし、ニュースになった覆面介入が本当ならば、どこまで介入を続けるのか。さらには海外、とくにアメリカからの批判がいつあるのかが気がかりで、ポジションを作るかどうか難しい判断となっている。

 流れは円高ドル安なのだが、下手にポジションを保有すると痛い目にあいそうで戦力を失いかねない。

 もう少し様子をみる予定だ。

 

IPO資金借り入れ

 これはわたくしがよく使う先方だ。

 IPO投資はほぼノーリスク、当選すれば銘柄によりハイリターンを得られる。

 ただ、わたくしは去年から真剣にIPO投資を始めたが一度も当選してない。今年は証券口座も5社に増やした。しかし強者は10以上は当たり前なので当選はなかなか難しい。

 IPO投資を知っている人ならば説明するまでもないが、外れれば資金は返金されるのでリスクはない。

 SBI証券ではIPOポイントもつき、ポイントが貯まれば確実にプラチナ銘柄をゲットできるのでやらない理由がない。

 しかしIPO投資のために資金が拘束される時間がもったいないので、わたくしはIPOだけの資金を借り入れする方法をとっている。

 一カ月も借りることがないので借りた日数の利息を払えばいいだけだ。まさにお金で時間を買うことができる。

 この方法については機会があれば紹介したいと思っている。

 

 借入により『はてな』IPO参戦。SMBC、SBI、マネックスの3社から申し込み完了。

 

スポンサーリンク